赤ちゃんと虫歯

赤ちゃん虫歯の原因

 

 

 

赤ちゃんの虫歯の原因は、主に両親やおじいちゃん、おばあちゃんなどの
近親者が赤ちゃんに虫歯菌(ミュータンス連鎖球菌)を感染させることにあります。

 

もしも、二歳から三歳まで(十二歳までという説も)の間に、周りの人が
虫歯菌を感染させなければ、一生虫歯にならないですむという説もあるのです。

 

 

ただし、これはとっても難しいので、あまり神経質になりすぎると
お母さんが疲れてしまうかもしれません。

 

まず、赤ちゃんの唇に唾液をつけるキスは厳禁です。
大人の口で咀嚼した食べ物を赤ちゃんに食べされるのもダメ。

 

 

箸やスプーン、コップなどの共有ですらNG。
かわいい赤ちゃんの手を大人が口に含んで唾液をつけ、
その手を赤ちゃんが口に含んだらアウトです。

 

虫歯菌を保菌する人が話していて、赤ちゃんの唇や口の中に唾液が
飛んでしまってもレッドカード・・・。

 

 

赤ちゃんに虫歯菌を感染させないことがどれだけ困難か
おわかりいただけたでしょうか。

 

大人の唾液から赤ちゃんに虫歯が感染するということを知らない人も
多いですし、おじいちゃんやおばあちゃんなどはやめてほしいと
懇願してもきいてくれないことがあるものです。

 

 

なるべく虫歯菌に感染させないように心がける程度にして、
歯が生えてきたら虫歯にならないように気をつけてあげた方が
確実に虫歯を予防できるでしょう。

 

 

一生懸命にがんばっても、子供同士でジュースの回し飲みをして
虫歯菌に感染してしまう可能性もありますし、虫歯菌の感染を
気にしてスキンシップ不足になってしまう方が大問題です。

 

 

赤ちゃんと虫歯記事一覧

赤ちゃんの虫歯治療

赤ちゃんが虫歯になっても、治療は必要ないと考える方もいるかもしれません。どうせ乳歯だし、永久歯が生えてきたら気をつければいいやと思っていると大変なことになってしまいます。虫歯になってしまったということは、虫歯になりやすい生活習慣だということ。まずはこれを治さないと、永久歯が生えてもすぐに虫歯になって...

≫続きを読む

赤ちゃんの虫歯予防

赤ちゃんの虫歯予防の方法としては、・早いうちからハブラシに慣らして、・歯磨きを嫌がらない子にすることと、・悪い食習慣をつけないようにすることがあげられます。口の中を触られることに慣れていないとハブラシを嫌がってしまうことが多いので、離乳期などの何でも口に入れたがる時期に、子供用の安全なハブラシを与え...

≫続きを読む

妊婦さんと虫歯

妊婦は虫歯になりやすいといわれています。つわりの時期に一度に充分な量の食事が摂れなくなり、小分けにちょこちょこ食べてしまうことが多く、にもかかわらず、ハブラシを口に入れるだけでえづいてしまったり、気分が悪くなったりして、きちんと歯磨きできないためです。また、妊娠中は唾液緩衝能(pHを正常域に保とうと...

≫続きを読む

幼児の虫歯予防グッズ

幼児の虫歯予防グッズを上手に使えば、子供も歯磨きが楽しくなると思います。小さな頃から歯磨きやデンタルケアのいい習慣ができてしまえば、やらないと気持ち悪いという感覚になるでしょう。お母さんが「歯磨きしなさい!」とガミガミいわなくても、自主的に歯磨きできるはずです。例えば、磨き残しに赤く色がついてゲーム...

≫続きを読む

子供の虫歯のサイン

子供を虫歯にしないためには、日頃から子供の歯の状態をよく観察する必要があるでしょう。子供の虫歯は痛みが出ないまま、みるみる進んでいってしまうので、本人はなかなか自覚できないようです。親がいつも子供の歯をチェックして、虫歯になってしまったら、早期のうちに手を打ってあげてください。・歯の表面がざらざらし...

≫続きを読む

赤ちゃんの歯磨きはいつから?

赤ちゃんのお口のケアや歯磨きはいつから始めたらいいのでしょう。これから、生えてくる歯を元気に育てるために早い内に歯磨きの準備や、お口のケアをしなければいけません。その歯磨きの準備段階として、赤ちゃんのお口のケアの仕方やスムースに歯磨きができるようになる方法や注意点をお教えします。まず、口の中を触られ...

≫続きを読む

美味しくて安心・安全な水は。


トップ 目次 「富士の天然水」 葉酸サプリランキング プロフィール