妊娠が確認されたら・子供が生まれたらする手続きなど。

妊娠が確認されたら・子供が生まれたらする手続き

妊婦さん、赤ちゃんが誕生したらいろいろの手続きをしなくてはいけません。
今から準備が出来るものは、準備しておきましょう。

 

【母子手帳の交付】 (必須)

●準備するもの
・印鑑、
・妊娠届出用紙(届出の時に記入します)
●提出先
・本籍地、居住地又は出生地の役所

 

☆妊娠が病院や助産院で確認されたら市区町村に届出すると、
  母子健康手帳を交付してくれます。

 

☆母子手帳は代理人でももらえます
  妊娠届には妊婦の名前や住所、妊娠週数または月数、出産予定日、
  診断を受けた医療機関名等を書く欄があるので、
  代理人が手続きする場合には、よく聞いてから行きましょう。
  もちろん代理人が行く場合は、身分証を持って行きましょう。

 

 

【出生届】 (必須)

 

●準備するもの
・出生届、出生証明書
・母子健康手帳
・出生届の記入で使用した印鑑
・両親の加入している健康保険証
●提出先
・本籍地、居住地又は出生地の役所
 (出生届は24時間365日受付ています。) 

 

☆出生の日から14日以内に市区町村へ提出(国外で出生した場合は3か月以内に)
  生まれた日が1日目となります。(国外は、国籍留保届も必要です)

 

 

【児童手当】 (必須)

  

●準備するもの
・初めての場合は、認定請求書
・既に手当を受け取っている場合には増額の「額改定認定請求書」
 の申請手続。
●提出先
・本籍地、居住地又は出生地の役所

 

☆児童手当の支給額
 ・所得制限額未満の人
  0歳 〜 3歳 未満 15,000 円
  3歳 〜 小学校修了前(第1子・第2子) 月額10,000 円
  3歳以上小学校修了前(第3子以降) 月額15,000 円
  中学生 月額10,000 円

 

 ・所得制限額以上である者
  特例給付 月額5千円
  (所得制限額(年収)は、960万円未満(夫婦・児童2人世帯)を基準に
  設定(政令で規定)し、平成24年6月分から適用。)

 

☆支払期月 毎年2月、6月及び10月 (各前月までの分を支払)

 

 

【出産一時金】 (必須)

 

●準備するもの
【国民健康保険の場合】
・国民健康保険証、
・印鑑、
・世帯主名義の口座が確認できるもの
・出産一時金請求書(市役所の保険年金課・医師または助産師の記入覽があります。)
●提出先
・本籍地、居住地又は出生地の役所

 

○健康保険が会社なのか国民健康保険かによって
  手続きが違います。
○健康保険が会社の場合は、お勤めの会社で聞きましょう。

 

☆出産一時金の支給額は42万円。
 (在胎週数が22週に達していないなど、
 産科医療補償制度加算対象出産ではない場合は、39万円)

 

☆出産一時金の支給には、「直接支払制度」と「受取代理制度」があります。

 

・ 直接支払制度とは、
  出産育児一時金の請求と受け取りを、妊婦などに代わって
  医療機関等が行う制度です。
  出産育児一時金が医療機関等へ直接支給されるため、
  退院時に窓口で出産費用を全額支払う必要がなくなります。

 

・受取代理制度とは、
  妊婦などが、加入する健康保険組合などに出産育児一時金の請求を行う際、
  出産する医療機関等にその受け取りを委任することにより、
  医療機関等へ直接出産育児一時金が支給されます。

 

 

【乳幼児医療費助成】 (必須)

 

●準備するもの
・印鑑、
・保険証のコピー、
・所得証明書、
・年金加入証明書
●提出先
・本籍地、居住地又は出生地の役所
・医療費助成の申請は、各市区町村の子育て支援課

 

☆生まれてから15日以内に申請すれば、
  生まれた日以降からの医療費が助成されますが、
  乳幼児医療費助成は、各市区町村によって異なります。
  所得によっては6歳まで無料になるような市区町村もあります。
  子供の病気で医療機関にかかるには保険証は必要ですから、
  名前が決まったらすぐに手続きをしましよう

 

 

【健康保険への加入】 (必須)

 

 ・病院へかかるときに必要な健康保険で、
  乳幼児医療証と一緒に病院に出します。
●準備するもの
【国民健康保険の場合】
・健康保険証、
・母子手帳、
・印鑑
☆出産一時金の手続きと同時に済ませてしまいましょう。
●提出先
・本籍地、居住地又は出生地の役所

 

【会社の保険の場合】
・健康保険証、
・母子手帳、
・印鑑、
・出生届のコピー
☆出生届のコピーを準備しておきます。会社がやってくれる場合もあります。

 

 

【医療費控除】 (必須)

 

・毎年行われる確定申告に、
  出産したら申告すると、税金が還付されることがあります。

 

 出産で使ったタクシー代
 薬局で買った薬
 医療関係
 のレシート・領収書は忘れずに取っておきましょう。
 確定申告の時に、医療費控除の申告すると税金が戻ってくるかも・・・・・。

 

 

【妊婦、新生児訪問】 (必須)

 

●準備するもの
・出生通知票

 

☆母子手帳の時にくれた「母と子のファイル」に入ってる
  出生通知票を、生後2週間以内に郵送すると、
  希望により、助産師や保健師が訪問に来てくれます。
  赤ちゃんの体重測定や育児相談・健康相談も出来ます。

 

 

【保育室等保護者助成金】 (必須)

☆各市区町村が指定した認証保育所(家庭保育室)にお子さんを預ける制度。
  仕事や病気などの為、ご家庭で保育できないお子さんを保護者にかわって保育し、
  家庭的な環境の中で心身ともに健やかに育成するように設けられたものです。
  補助金の制度があり、保護者の方の負担能力に応じて費用の一部を助成しています。

 

☆しかし、保育室等保護者助成金は、各市区町村で異なります。
  で詳しい説明をお聞き下さい。

 

 

【会社にお勤めの方はこちらも手続きします】

お勤めの会社で、手続きの詳細をお尋ね下さい。
【出産手当金】    
【育児休業給付金】   
【育児休業者職場復帰給付金】
【失業給付金】

妊娠が確認されたら・子供が生まれたらする手続きなど。記事一覧

マタニティ服・授乳服 格安 通販

Milk tea(ミルクティー)のマタニティ服・授乳服 タイムセール11月18日まで。妊娠していることが解っても、産休に入るまでお仕事を頑張っているママさんはたくさんいます。そして、だんだんお腹が大きくなってくると、これまで手持ちのワンピースなどでやりくりしていた人もいよいよ入らなくなる時期になると...

≫続きを読む

美味しくて安心・安全な水は。


トップ 目次 「富士の天然水」 葉酸サプリランキング プロフィール