サイレントベビーの予防と治療法

サイレントベビー対処法

 

 

 

サイレントベビーをそのまま放って置くと自分から意思表示を
しなくなり、人と上手く接する事が出来なくなります。

 

このまま成長すると周囲とのコミュニケーションが取れなくて
問題行動を起こす可能性も高くなるといわれています
サイレントベビーの疑いがあると感じたら、すぐに対処することが
大切です。

 

 

サイレントベビーとは

 

「サイレントベビー」とは、笑わない・泣かない・無表情の赤ちゃんの事です。

 

最近その「サイレントベビー」に悩むお母さんが増えています。
一般的に赤ちゃんは、泣いたり、笑ったり、はしゃいだり・・・
毎日表情が変化してそれを見るのも育児の楽しみの一つです。

 

ところが、泣いていてもそのまま長時間放置し、それが繰り返されると、
赤ちゃんは「泣いたってどうせ相手にしてくれないんだ」思うようになります。

 

そして、泣くのをやめ、構ってもらうことをも諦めて、欲求が
満たされないことに、だんだん慣れていきます。

 

結果、笑わない・泣かない・無表情の赤ちゃんになってしまいます。
その状態が「サイレントベビー」です。

 

 

 

サイレントベビー 特徴

 

泣かない!笑わない!無表情!の他、
体の動きが少ない、緩慢、指差ししない
目を合わせない、声をかけても反応しない

 

普段あまり相手をしてあげられない赤ちゃんは、
あまり泣かない、笑わないといった状態にだんだんなっていきます。
特に育児放棄(ネグレクト)の状態になると、サイレントベビーになる
可能性が高いといわれています。

 

笑わない・泣かない・無表情の赤ちゃんは、一見・おとなしく
手がかからなくて育てやすいように思います。
しかし、その状態が長く続くと「サイレントベビー」になり、
将来に大きく影響をしてきます。

 

 

サイレントベビー 原因

 

サイレントベビー 原因は、
・赤ちゃんにあまり話しかけないこと。
・テレビやビデオばかり観せている。
・親子間のコミュニケーションが極端に少ないこと。
・赤ちゃんが泣いても放って置かれる時間が長期にわたること。

 

つまり、
赤ちゃんがコミュニケーションをとろうとしても、相手にされない。

 

赤ちゃんは欲求を全て泣いて訴えますが、それを放って置かれると
「自分の意思は無視される」と考えて自分から意思表示をしなくなります。
この状態が長く続くと、サイレントベビーになります。

 

最近の若いママさんは、赤ちゃんが構ってほしいと意思表示をしているにも
関わらず、ママはスマホに夢中で育児がおろそかになる場合も多いと聞いています。

 

このまま成長すると人と上手く接する事が出来なくなります。

 

 

サイレントベビー いつから

 

「サイレントベビー」の兆候が表れてくるのは、個人差がありますが
おおよそ、生後3カ月ごろからと言われています。

 

赤ちゃんがサイレントベビーになる時期は、乳児期がほとんどです。
早ければ、本来表情が豊かになってくる生後3ヶ月頃から「あまり泣かない
・笑わない」といった状態が目立ってくるといわれています。

 

そのため、生まれた時点から親の赤ちゃんに対する愛情は、
赤ちゃんの発育に重要であると考えられています。

 

素人判断は危険ですが、赤ちゃんがほとんど泣かない、笑わない
場合はサイレントベビーを疑ってみる。
必要に応じて専門家に相談することも大切です。

 

 

サイレントベビーの症状

 

・お腹が空いたり、おむつが濡れたりしていても泣かない。
・あやしても笑ったりすることが少ない。
・反応が薄い。
・体の動作が少ない。
・喜怒哀楽の表現がなく、全体的に表情に乏しい。
・人の目をあまり見ず、視線を合わせない。
・長時間周囲に人がいなくても不安がらずじっとしている。
・言葉が遅い。

 

 

サイレントベビー 将来

 

サイレントベビーのまま成長してしまうと、さまざまな問題を
引き起こす危険性があると言われています。

 

・言葉を話す時期を迎えても発語に遅れが出ることがある、
・幼稚園や小学校に入園・入学しても社会性が身につかない。
・周囲とのコミュニケーションが取れなくて問題行動を起こす可能性も
 高くなるといわれています。

 

最悪の場合は、
集団生活に馴染めないため、いじめや登校拒否の可能性もあるかも。
ひょっとしたら、乳児期の人見知りが生涯ずっと続くかもしれません。
また、我慢・忍耐力が欠如し家庭内暴力に手を染める子供に
なるかもしれません。
いずれにしろ、良い結果にはなりません。

 

 

サイレントベビー対処法

 

対処法としては、今まで構っていなかった分しっかり構ってあげること。
とにかく、スキンシップをとりましょう!
大切なのは触れ合う、沢山話しかける、構う、甘えさせること。

この繰り返しで、赤ちゃんの中に、親子の絆や家族との絆
が築かれていくのです。

 

重症の場合は何年間も治療にかかることがあると言われています。
サイレントベビーの疑いがあると感じたら、早いうちの対処をおススメします。

 

 

自閉症とサイレントベビーの違い

 

自閉症は先天性ですが、それに対してサイレントベビーは後天性です。

 

サイレントベビーになってしまうのは、環境が大いに関係しています。
育て方次第で防ぐことができます。

 

わからない場合は、一度保健師さんやかかりつけ医に相談をしてみるのも
いいかも知れません。

 

 

 

サイレントベビー対処法まとめ

 

「サイレントベビーにさせないために」と気を張って、無理をして赤ちゃんを
抱き続ける必要はありません。

 

普通に赤ちゃんに接していれば、何の問題もありません。
数時間程度赤ちゃんが泣いているのを放っていたり、テレビやビデオばかり
観せていたからといって、すぐにサイレントベビーになるわけではありません。
数日程度であっても、サイレントベビーにはなりません。

 

あくまでも、長期間放置しないことです。

 

むしろ気にしすぎたり自分を責めたりしてしまうとストレスが溜まって、
子育てにも悪影響を与えかねません。

 

自分なりの考え方に合ったコミュニケーション法で、
赤ちゃんにいっぱいの愛情を注いであげてください。

 

 

 

 

 

美味しくて安心・安全な水は。

サイレントベビーの予防と治療法関連ページ

泣き止まない赤ちゃんの対処法
夜中に赤ちゃんが泣き出してしまって、何をやっても泣き止んでくれない。 子育てをしているお母さんだったら、誰だって一度や二度は経験がありますよね。 夜泣きは決して病気ではなく、赤ちゃんが成長していく為の過程でもあるのです。
夜泣きに効く薬とは。
夜中に赤ちゃんが泣き出してしまって、何をやっても泣き止んでくれない。 子育てをしているお母さんだったら、誰だって一度や二度は経験がありますよね。 夜泣きは決して病気ではなく、赤ちゃんが成長していく為の過程でもあるのです。
赤ちゃんが夜泣きにならない予防策
夜中に赤ちゃんが泣き出してしまって、何をやっても泣き止んでくれない。 子育てをしているお母さんだったら、誰だって一度や二度は経験がありますよね。 夜泣きは決して病気ではなく、赤ちゃんが成長していく為の過程でもあるのです。
先輩お母さんに学ぶ
夜中に赤ちゃんが泣き出してしまって、何をやっても泣き止んでくれない。 子育てをしているお母さんだったら、誰だって一度や二度は経験がありますよね。 夜泣きは決して病気ではなく、赤ちゃんが成長していく為の過程でもあるのです。
夜泣きを止めるためのグッズ
夜中に赤ちゃんが泣き出してしまって、何をやっても泣き止んでくれない。 子育てをしているお母さんだったら、誰だって一度や二度は経験がありますよね。 夜泣きは決して病気ではなく、赤ちゃんが成長していく為の過程でもあるのです。
泣き止まない赤ちゃんをすぐに泣き止ませる秘訣
赤ちゃんが泣き出してしまって、何をやっても泣き止んでくれない。子育てをしているお母さんだったら、誰だって経験があり悩みですよね。そこで今日は泣き止まない赤ちゃんをすぐに泣き止ませるとっておきの方法をお教えします。

トップ 目次 「富士の天然水」 葉酸サプリランキング プロフィール